CORPORATE PROFILE 法人紹介法人概要・沿革

「福祉の心」「思いやりの心」

昭和7年に方面委員(現在の民生児童委員)が中心となって、困窮高齢者を救済するために設立。以降、民生児童委員が主体となって経営している「福祉の心」「思いやりの心」をもった社会福祉法人です。

法人概要

人概要

法人名称 社会福祉法人 奈良市和楽園
所在地 奈良市古市町1886番地1
電話番号 0742-63-5500
設立年月日 昭和7年10月 奈良市養老舎 発足
昭和27年5月13日 法人設立
業務内容
  • ・養護老人ホーム和楽園の設置経営(定員150名)
  • ・生活管理指導短期宿泊事業の実施
  • ・外部サービス利用型特定施設入居者生活介護事業の実施
  • ・特別養護老人ホーム和楽園の設置経営 (定員84名)
  • ・短期入所事業(ショートステイ)の設置経営 (定員16名)
  • ・軽費老人ホームケアハウス和楽園の設置経営 (定員30名)
  • ・通所介護(デイサービスセンター和楽園)の設置経営 (定員10名)
  • ・障害者福祉サービス事業の実施
  • ・移動支援事業の実施
  • ・配食サービス事業の受託
  • ・シルバーハウジング事業の受託
  • ・居宅介護支援事業所の設置経営

クセス

バスでご来園の方
近鉄奈良駅から山村町行・藤原台行きで護国神社下車
奈良咲歩短期大学行・鹿野園行で和楽園下車。

沿革

  1. 奈良県方面委員会(当時の民生委員の名称)奈良市部会において、孤独貧困高齢者の収容施設の設立を決定
  2. 同奈良市部会において施設建設計画を決定し、名称を「奈良市養老舎」とした。また、広く市民の浄材を募る活動が始まる。
  3. 奈良市紀寺町において「奈良市養老舎」発足。当初収容者8名でスタート。順次規模拡大する。
  4. 同施設が、生活保護法による保護施設として認可され、定員40名となる。
  5. 財団法人奈良市養老舎として認可を受ける。
  6. 社会福祉法人奈良市養老舎として認可を受ける。
  7. 施設名称を「奈良市和楽園」に変更し、法人名を社会福祉法人奈良市和楽園に変更。
  8. 全面改築工事が竣工し、養護老人ホーム和楽園が完成し、定員が150名となる。
  9. 奈良市により、現在地に奈良市総合老人ホーム和楽園が完成し、事業運営委託を当法人が受ける。
    • ・養護老人ホーム和楽園
    • ・特別養護老人ホーム和楽園
    • ・ケアハウス和楽園
    • ・ディサービスセンター和楽園
    • ・居宅介護支援事業所和楽園
  10. 奈良市から施設の土地を取得し、建物の譲渡を受け、事業委託形式から自主運営方式となり、現在に至る。